HOME 加賀野菜 野菜の知識 果実の知識 本日の市況 新着情報 会社概要 トピックス アクセス

日本の「食と農」を正しく学ぶ、食育応援プログラム〈食の検定〉

丸果石川中央青果は「食の検定」の法人賛助会員として食の検定を応援しています。

当社では、青果物流通の太宗である市場の代表として「食の検定」の北陸における窓口として普及活動を行い、一人でも多くの日本の食と農に対する幅広い知識を有し、食育を実践できる人材を育成する環境を推し進めます。

「食の検定」とは?
「食の検定」は、一般社団法人「食の検定協会」が運営する民間資格で、食育の普及を目的に2007年に活動をスタートしました。2008年度には食農2級を立ち上げ、食育の普及を目的に検定形式の食育事業を展開しています。

くわしくは、食の検定協会ホームページ

当社は北陸地区の窓口として、金沢会場で行われる検定試験の申込受付(個人・団体)を行ったり、イベントの際にはブースを出展し食の検定の周知に努めています。
お問い合わせは、経営企画部(076-264-7154)担当:岡嶋・若宮まで

食をめぐる現状
1. 食を大切にする「こころ」の欠如
2. 栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加
3. 肥満や生活習慣病の増加
4. 過度の痩身志向
5. 食の安全上の問題の発生
6. 食の海外への依存
7. 伝統ある食文化の喪失
食育の必要性が高まっている
食育に国民一人ひとりが参加、実践できるために
食育推進に取り組む人の力になるために誕生した
検定形式の食育事業、それが食の検定
「日本の食」、「日本型食生活」への回帰


Copyright© 丸果石川中央青果株式会社 All Rights Reserved.