HOME 加賀野菜 野菜の知識 果実の知識 本日の市況 入荷情報 会社概要 トピックス アクセス

野菜の知識

春の七草
若菜 七種
Seven herbs of spring(英)
春の七草の種類
種類 読み方 別名
せり    
なずな ペンペン草  
御形 おぎょう・ごぎょう 母子草 ほうこぐさ
蘩蔞 はこべ はこべら あさしらぎ
仏座 ほとけのざ 小鬼田平子 田平子
すずな カブ  
蘿蔔(清白) すずしろ 大根  

せり
セリ科
田の畦、湿地に自生する。若葉は香りが良く、食用にする。


なずな
アブラナ科
道端や田畑の雑草だが、利尿、解熱、止血効果を持つ。通称ペンペン草


ごぎょう
キク科
茎と葉に白い綿毛を発生させる。春に夏に黄色の小頭花をつける。茎葉は食用。


はこべ
ナデシコ科
山野、道端に自生する。昔の人は炒って歯磨き用にしていた。


ほとけのざ
キク科
田の畦などに多い。早春に黄色い花を咲かせる。若葉を食用にする。


すずな
アブラナ科
かぶのこと。ビタミンC、カロテン、カルシウム、食物繊維が豊富。


すずしろ
アブラナ科
大根。かぶと同様ビタミンC、カロテンを多く含む。

七草粥
七草粥は邪気を運ぶ鳥を追い払い、万病にかからないようにと、正月6日の晩に七草をきざみ7日の朝、粥を煮て食べる習慣で、八日また若菜の節句ともいわれています。地方によっていい方、草の種類に異同があり、七草に限らず12種もの若菜を使う地方もあるようですが、七草を使うのが一般的な伝承です。 鎌倉時代以前は七草ではなく七種の穀物【米、粟、黍、稗、小豆、麦、大豆(みの)(胡麻)】を使っていました。
栄養素と効果
  栄養素 効果
せり ビタミンA、B2、カルシウム鉄分 健胃、整腸、目の充血、めまい、頭痛
なずな タンパク質、ビタミンA、B1,B2、
カルシウム、鉄他
高血圧防止、利尿、解熱
ごぎょう タンパク質、ミネラル 咳、痰、風邪の予防
はこべ タンパク質、鉄分 胃炎、胃弱、催乳効果
ほとけのざ 抗酸化物質 筋肉痛、打撲
すずな ビタミンC、カロテン他 整腸、解熱
すずしろ ビタミンA、C、鉄分他 整腸、解熱
レシピ
七草粥の作り方
材料(4人分)
米4カップ、水(下表を参照)、塩少々、七草(セットで市販されています)100~150g(お好みで)
作り方
①米を研ぎます。
②鍋に①の米と、作りたい粥のやわらかさに応じた量の水を入れます。
③鍋を火にかけ(強火)、沸騰したら弱火にして、更に20~30分炊きます。(※途中でかき混ぜてはいけません。煮こぼれしないよう注意してください。)
④七草をよく洗ってから、軽く茹でてアクを取った後、冷水に浸し、取り出して水気を切り、細かく刻みます。
⑤米が炊きあがったら刻んだ七草を鍋に入れ、塩を加えて出来上がりです。

※水の分量
 
全粥 1に対して 5~6
七分粥 1に対して 7~8
五分粥 1に対して 10
三分粥 1に対して 15
▲野菜の知識TOPへ

Copyright© 丸果石川中央青果株式会社 All Rights Reserved.