HOME 加賀野菜 野菜の知識 果実の知識 本日の市況 入荷情報 会社概要 トピックス アクセス

行催事プロモーション
バレンタインデー
バレンタインデーといえば「チョコレート」ですね。でも外国ではプレゼントされるのがチョコレートに限定されてないって知っていました?
【月日】
2月14日
【由来】
3世紀頃のお話です。当時、ローマではキリスト教は邪教とされていました。時の皇帝クラウディウス2世は「愛する者がいると士気が下がる」とし、兵士の結婚を禁止してしまいます。これをかわいそうに思ったキリスト教司祭バレンティノ(英語でバレンタイン)は、愛し合う兵士とその恋人を秘密で結婚させます。これを知った皇帝は激怒し、バレンティノにキリスト教を改宗するよう命じました。しかしバレンティノはこれを拒否。そのせいで彼は投獄され、ついには2月14日に処刑されてしまうのでした。
後にキリスト教はローマの国教となります。やがて、2月14日は「聖バレンタインの日」として司祭バレンティノの殉職を悼む日となり、彼は愛の守護聖人として広く敬われるようになりました。
【バレンタインといえばチョコ】
バレンタインデーといえば女性が男性にチョコをプレゼントする日となっていますが、実はこの習慣は日本で多いのです。海外では女性に限らず男性からも恋人や、友達、家族にカードや花束を贈ります。愛の守護聖人「聖バレンタインの日」は、恋人同士に限ったイベントではないんですね。日本では「愛の日」にちなんで「あま~くてスィ~トなチョコレート」をお菓子メーカーやデパートが大々的に広めたために現在のような習慣になったのです。
【バレンタインにフルーツを!】
以上のように、バレンタインデーは別にチョコレートって決まっているわけではないんです。むしろ違うものをあげた方が印象的かも!?それにはフルーツがうってつけです!例えば、あま~い苺をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか?苺を手作りチョコケーキにのせてみたり、溶かしたチョコレートに苺を絡めてチョコフォンデュにしてみたり。最近は立派な化粧箱に入った苺も出回っていますからそのまま苺をプレゼントするのも良いですね。
▲PAGE TOP

Copyright© 丸果石川中央青果株式会社 All Rights Reserved.